メニューを開く

Inner Voice of Web Master


 昨年6月に海事プレス社コーポレートサイトがリニューアルオープンし、それ以来ウェブマスターをやってきました。このほどこの職務を下りることになり、最後の口上を申し上げます。

 ある人が知らない会社を訪れることになり、あらかじめその会社のホームページを見て、少し勉強したりします。それによって、訪れる会社の概要をつかもうとします。

 じゃ、同じような目的で海事プレス社コーポレートサイトを見たときに、本当の海事プレス社像を描けたのでしょうか?

 ウェブマスターという仕事柄、IT・デジタル業界のいろんな方の売り込みを受けます。そうした方達は海事プレス社に少し取り違いをしているかなと思えるところがあります。

 サイトのトップページにはきれいな客船雑誌の写真が並んでいますし、なんか出版社のようだという感覚があるのでしょう。

 でもそれは海事プレス社の一面に過ぎません。ホームページで海事プレス社の全体像を知ろうと思ったら、トップページ左上にある「日刊海事プレス」「日刊CARGO」「CRUISE」などのボタンから、枝分かれした独立サイトをしっかり見なければなりません。

 このコーポレートサイトを製作するときに、サイトリニューアルを委託した製作会社のスタッフからもそんな作り方はないと指摘されました。

 そんな作り方というのは、左上のボタンを押して個々のサイトへ行ってしまったら、せっかく作った新コーポレートサイトに閲覧者がとどまってくれないじゃないかという指摘です。

 確かにそれには一理あります。言っている意味もわかります。しかし、それが海事プレス社です。多岐にわたる分野でガサガサ動き、それらが微妙なバランスの上で均衡を保っているのです。

 この会社の力は、本社のある東京だけではなく、国内、そして海外にどんどん人を出していくこと。そこで見たこと、聞いたことが会社後からになっていることだと思います。

 このホームページにはまだまだ改修の余地はあります。まだまだ情報が足りません。メディアがやっているホームページなのに、ただの会社紹介では面白くありませんし、厚みもありません。

 ホームページを介していろんな人がやってきて、海事プレス社を知り、私たちもさらに発信していく。そんなたまり場みないな場所を提供するところ。そうしたホームページを今後も目指していくことになるでしょう。そしてだれもが面白くて全部のボタンをクリックしてもらえるサイトこそ、メディア企業としての生き残る道を示しているのでしょう。
  この間、上海で行われた物流関連の展示会に参加した。5年ぶりくらいになるが、上海はいつ

行っても発展が目覚ましい。今回滞在したのは上海の中でも後発の浦東エリアだったが、元が

沼地だったところだけに広々とした地域に高いビルやショッピングモールが日本とは違うゆっ

たりさで建っていた。このエリアは夜間でもそれほど身の危険を感じることはない。


  ホテルでは、ロビーのみならず客室でもフリーWiFiだ。パスワードさえ入力の必要がない。

スマホやパソコンの通信はし放題。050の携帯電話もよく通じる。


  しかし、”あっ”と思わず声を出してしまった。グーグル関連のサイトや通信が全く遮断されて

しまうことを忘れていたのだ。


  グーグル検索、グーグルメール、グーグルドライブなどグーグル関連の通信やウェブはうん

ともすんとも言わない。


  アンドロイド・スマホの検索はグーグルだ。検索ワードを入れても全く検索結果が出ない。

音声検索も然り。パソコンでもグーグル検索は動かないので、ヤフージャパンで見たいサイト

を検索するしかない。


  グーグル・メールも全く届かない。届かないと言うよりもメールソフトがグーグルのメール

アカウントに全くアクセスできない。中国からアクセスがあったというグーグル以外のアカウ

ントにメールが届くが、グーグルメールのホームページにアクセスできないので、パスワード

の変更さえもできない。


  最悪なのはグーグルドライブにアクセスできないことだ。時間のあるときにやろうと中国に

持っていた仕事の資料が全く取り出せない。


 逆に言えばこれだけグーグルにがんじがらめになっているということだが、それにしてもこ

の閉塞感には耐え難いものがある。


 フリーWiFiで鷹揚なようだが、締めるところは締める。いかにも中国。これでヤフージャパ

ンや日経電子版のサイトまでつながらないようだと、気が変になっていたかもしれない。いず

れにしても中国ではグーグルにつながらないことをお忘れなく。
 
 以前、この覧で本サイトのピンクの“NEW”帯のことについて触れました。新しい情報だとグリッドの肩に“NEW”帯が掛かります。もちろん、新しい情報であることを皆さんにしっかりお知らせするためです。

 でもあんまりたくさん掛かっていてもよくないし、全く掛かっていないのは更新頻度が低いように「思え、なかなかその辺のかじ取りは難しいところです。

 それでウェブマスターとしては、悩んだあげく“NEW”帯の掲載期間を少し長くする決断をしました。海事プレス社が刊行している媒体は日刊紙だけでなく、雑誌や単行本もありますが、特に雑誌関係はちょうどいい感じに“NEW”帯が掛かっているグリッドが目立つようになり、何となく全体のバランスもと取れたように思えます。

 いよいよ朝晩、めっきり涼しくなり、きょうは早くも中秋の名月です。仕事の方も年末に向けて馬力をあげる時期ですから、サイトの更新もしっかり進めていきたいと思います。

 
   6月中旬にこのホームページがリニューアルしてから3週間くらいが経過した。ホームページの画面全体がなんとなく落ち着いたのをお気づきだろうか。

  リニューアルオープンしたばかりのときは、ほぼすべてのグリッドにピンクの“NEW”帯が掛かっていた。この“NEW”帯は、そのグリッドの表示開始から1週間程度、グリッドの右肩にかかるようにセットされている。それがあるときから一斉に外れ始め、ようやく落ち着きのある画面になった次第である。

  逆に“NEW”帯が画面に全く出ていないのも、更新作業を手抜いているとも言われかねない。それはそれでウェブマスターにとってはやっかいな“NEW”帯とも言える。

  ところで、上海支局からブログ原稿の第2弾が送られてきた。中国でもワールドカップは人気があるらしい。

  ブラジルと日本の時差は12時間。このホームページのリニューアルオープンより少しだけ早く始まったワールドカップは、日本時間の深夜から早朝にかけて概ね毎日2試合行われてきた。

 ワールドカップ前は、就寝時間帯にゲームが行われるので「今回はあんまり関係がないかな」とさえ思っていた。 しかし、ワールドカップが始まったら始まったで、この時間帯がむしろじっくりゲームを観戦できるゴールデンタイムであることに気づいた。

 つまり、深夜1時にスタートするゲームはきっぱり捨てて、朝5時キックオフの試合に集中する。朝5時にテレビが点くように予約しておけば、勝手にゲームの開始である。そうすれば約2時間の試合の最初から最後までを堪能できる。深夜1時スタートの試合も含めてその日行われたゲームを反すうするために、夜10時の「ワールドカップデイリーハイライト」で締めくくる。そして翌朝に備えてまた眠る。

  予選リーグには延長戦がないので、試合時間はちょうど2時間。それも毎朝違ったカードを見られる。少し早めに寝なければならないが、このパターンでつまらなかった試合は1、2試合くらいしかなく、とにかく楽しい朝だった。朝楽しいと、仕事までリズミカルになる。今回のワールドカップはどの試合も攻撃中心のたたき合いで、最高の3週間だった。

  しかし、気がついて見ればワールドカップも明日準決勝。ここまでくると、ゲームも毎日ではなくなった。さびしい朝が連続するようになった。

 そして、ワールドカップとともに海事プレス社ホームページも落ち着いた。今後は“NEW”帯の掛かったグリッドができるだけ見えるようにがんばりたい。
 
 準備開始からオープンまで1年半。10年以上も放っておいた反動から「せっかく新調するのだったら、ぐるぐる回るインターネットの世界の中で、向こう5年は保つものを」と、ない知恵をぎゅーと絞ったら、こんな形のホームページになった。

 トップページの形式は世に言う『レスポンシブ・デザイン』だ。タブレットやスマホの画面にも柔軟に対応している。もし時間があるのだったら、ブラウザの端にカーソルを置いて、ホームページの画面を小さくしたり、大きくしたりすると少しは遊べる。

 ちょうどこの2年ぐらい、スマホの販売台数が飛躍的に伸び、電車の中じゃほとんど全員がスマホに目を落としている時代。姉妹サイトの「日刊CARGO電子版」ではメルマガサービスの受信件数が昨年、ガーンと増えた。登録されるメールアドレスも「gmail」や携帯電話会社メールアカウントが目立っている。スマホ台数の爆発的な伸びと何らかの関係があるとにらんでいる。

 海事プレス社は60年近くの歴史を有する専門紙誌発行会社だ。「われわれはB2Bの会社なんだから、ホームページなんかどうでもいいんだよ」なんて言う人も少し前まではいたが、ここ最近はむしろ理解しようという態度に変わりつつある。流動的な時代背景もあってか“B2B”という言い方自体も急速に衰退している。

 まだまだ改良の余地はたくさんあると思っている。いくらでも自分たちの手で書き換えが利くエクステンシビリティの高いホームページとして、どういうふうになっていくのか、主導した本人にもわからない。

 メディア企業としての方向性さえあらわしているといってもよいこの新サイト、同時にスタートした「日刊海事プレスOnline」ともにあせらずじっくり見守ってほしい。

関西支局ブログ

関西支局ブログ

上海支局ブログ

上海支局ブログ

Inner Voice of Web Master

Inner Voice of Web Master

KP DATA編集長Kunugiの憂鬱

KP DATA編集長Kunugiの憂鬱

Blog by COMPASS

Blog by COMPASS