日刊海事プレスOnline

The web site of "Kaiji Press" ,industry journal of maritime information.

メニューの開閉

トップ > 2018年02月09日付の主なヘッドライン

文字を大きく 文字を小さく

2018年02月09日付の主なヘッドライン

※日刊海事プレスの閲覧は、タイトルのみの閲覧となります。

トップニュース

名村造船、ベトナムに設計子会社/初の海外設計拠点、船種拡大への対応力強化

名村造船、ベトナムに設計子会社/初の海外設計拠点、船種拡大への対応力強化

名村造船は3工場でプロダクトミックスを展開

名村造船所は今年1月、ベトナムに設計子会社を設立し、同社として初の海外設計拠点を開設した。

海運

  • 船舶管理、個別サービス利用も増加/ベルンハルト・シュルテ・シップマネジメント
  • 「北極問題へ日本積極関与を」/グリムソン前アイスランド大統領が会見
  • 生徒が操船シミュレーション体験/商船三井、中学の校外学習に協力
  • 荷主と内航事業者の連携強化へ協議会/国交省海事局、13日に初会合
  • 愛知県、港湾連携を加速/来年度以降、港湾物流総合計画を策定
  • 災害廃棄物の港湾物流体制強化/国交省、巨大地震に備え
  • 国交省、内航船管会社登録制度への意見公募
  • 鹿児島内航海運組合、水産高校で海事教室
  • NK、IMO燃費報告制度対応サービス開始
  • 18年港湾春闘、次回団交は3月7日
  • 大阪港、150年事業「海王丸リターンズ」
  • 《連載:『四海茫々』》(281)快哉

コンテナ・物流

  • 邦船“4社”、綱渡りの連携続く/ONEへの事業移管が本格化
  • 液体貨物輸送の新ソリューション公開/CMA-CGM
  • 新冷媒「R-513a」に対応、環境負荷小さく/キャリア・トランジコールド
  • コンテナ船が初入港/PSA、ナバシェバ港の新CTが稼働
  • 今月から日/台・タイで新サービス/APL
  • 6月に宮古/宮蘭フェリー航路開設/岩手4港湾セミナー、17年は取扱過去最高
  • 国際物流ターミナル事業に着工/茨城・常陸那珂港、建機・完成車の増加に対応
  • 農水産物輸出増へ港湾整備支援/清水港に認定書、24年に輸出額200億円
  • 金沢港、3月に東京でセミナー
  • 石狩湾新港、17年取扱量を2.9%増の613万トンに訂正
  • 四日市港臨港道路、4月に開通

不定期専用船

  • ケープサイズ市況が反発/1万2000ドル台回復、中小型船は調整続く
  • チップ船隊への影響「限定的」/王子HD/三菱製紙、資本提携で共同運航
  • 新鋭FSRU、LNG輸送に従事/ホーグLNG、ガス・ナチュラルに貸船
  • 純損失7890万ドルへと転落/ナビオス・アクイジションの通期
  • 76型BC1.2万ドルで1年半貸船/ダイアナ・シッピング
  • 17年のセメント輸出、3%増

造船

  • 現代尾浦、バラストフリー船開発/LNGバンカリング船に世界初適用
  • 買収候補に現代重工やバルチラの名/ロールスロイスのマリン事業見直しで
  • 江南造船、小型LPG船追加受注/ソナトラック向け1隻、19年納期で
  • 川重の水素事業やJRCSの取り組み紹介/国交省、中小造船・舶用セミナー
  • 日本財団、造船設備資金に計23億円貸付
  • 中国の武昌船舶、7万トン客船建造目指す
  • 斗山エンジン株の売却入札実施へ
  • 日舶工、「英語プレゼンテーション講座」実施
  • 日舶工、関西で初のビジネス英語初級講座
  • 関東運輸局、三菱重工で工業高校校長向け見学会
  • J-ENG、通期業績予想を下方修正
  • ササクラ、4~12月期の経常益94%減

Information

  • MTS、船舶の安全運航で講演会
  • 国交省、海洋資源開発の支援技術募集
  • 大洋電機/大洋電機テクノ、事務所移転
  • 大阪港、QE船内見学会の参加者募集
  • 海技教育機構、限定カレンダー販売

コラム・その他

  • 【青灯】自動運航船が高める安全性
  • 【ログブック】小幡政人・日本海事センター会長/中島基善・ナカシマプロペラ社長/チェン・ウェイドン・FSエナジー・コンサルタント代表

過去の日刊海事プレス記事見出しをご覧いただけます

28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 1 2 3
MARKET REPORT