日刊海事プレスOnline

The web site of "Kaiji Press" ,industry journal of maritime information.

メニューの開閉

トップ > 2018年07月19日付の主なヘッドライン

文字を大きく 文字を小さく

2018年07月19日付の主なヘッドライン

※日刊海事プレスの閲覧は、タイトルのみの閲覧となります。

トップニュース

18年上期のバルカー竣工量半減/解撤も減速し船腹拡大継続

18年上期のバルカー竣工量半減/解撤も減速し船腹拡大継続

発注抑制で竣工量がピークアウト(写真=ブルームバーグ)

2018年上半期(1~6月)のバルカーの新造船竣工量は171隻・1563万重量トンとなり、前年同期からほぼ半減した。

海運

  • 郵船グループ、水上運動会を開催/735人が参加、旭運輸が優勝
  • B&G財団、子ども健全育成大使に酒井法子さん

コンテナ・物流

  • ≪連載≫台湾船社首脳に聞く③/業界再編は好機、新たな選択肢に/ワンハイラインズ 謝福隆総経理
  • ≪連載≫釜山港②/拡張工事急ぐ釜山新港/CTは効率化で取扱を拡大
  • 4月以降の荷動き急回復/日本発中国向け古紙、下期は不透明感
  • 各社投入船削減で増加/待機コンテナ船、122隻・32万TEU
  • 南アフリカ向け今年最安値/中国・コンテナ運賃市況
  • 保税国際展示場立地で創貨推進/横浜港運協会、山下ふ頭再開発で提案
  • 井本商運の“ながら”、神戸初入港
  • マースクライン、ウェブの通知配信機能を改善
  • 瑞洋海運自社船、博多港に初入港

不定期専用船

  • 4~6月の鉄鉱石出荷量14%増/リオ・ティント
  • 米国籍のMR型2隻新造/米国船社OSG
  • インドで完成車鉄道輸送事業/郵船、アダニと合弁会社設立
  • 貨物船と油送船、ともに横ばい/5月の内航オペ輸送実績
  • プロダクト船7隻売船・再用船/スコルピオ・タンカーズ
  • 国交省・内航統計4月、輸送量は4%減の2807万トン
  • 共栄タンカー、西日本豪雨被害で寄付金
  • JXオーシャン、西日本豪雨で義援金
  • NSU海運、18年版報告書を発行

造船

  • AIの海運市況予測、増減一致率75%/海技研、AIS情報と経済指標でケープ市況予測
  • 現代重工、LNG船4隻正式受注/マリナキス氏向け、船価1.85億ドル
  • 米国初の水素燃料電池船、19年就航へ/米国造船らがフェリー建造
  • 工場改修で燃料油分析サービス拡大/日本油化工業、横浜の分析エリア1.5倍に
  • バルチラ、大手コンテナ船社とスクラバー契約
  • サノヤス、西日本豪雨で義援金
  • 古野電気、19年2月期決算を上方修正

コラム・その他

  • 【青灯】バラスト装置、メーカーの準備着々
  • 【ログブック】田中利明・商船三井常務執行役員/福井照・海洋政策担当大臣/ジョルディ・フロレタ・アデルテ社バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャー

過去の日刊海事プレス記事見出しをご覧いただけます

30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
MARKET REPORT