日刊海事プレスOnline

The web site of "Kaiji Press" ,industry journal of maritime information.

メニューの開閉

トップ > 2019年02月18日付の主なヘッドライン

文字を大きく 文字を小さく

2019年02月18日付の主なヘッドライン

※日刊海事プレスの閲覧は、タイトルのみの閲覧となります。

トップニュース

≪シリーズ≫夜明けの日本洋上風力①/制度・船など整備徐々に、潜在力生かせるか

≪シリーズ≫夜明けの日本洋上風力①/制度・船など整備徐々に、潜在力生かせるか

日本での導入に弾みがつくか(写真=ブルームバーグ)

「日本の洋上風力開発はまさに夜明けを迎えた」「洋上風力元年だ」―。洋上風力発電がすでに主力電源となっている欧州諸国から遅れること20年。制度やインフラ、地元との合意形成など日本特有の事情もあって、日本ではまだ本格的な導入・普及の段階には入っていない。

海運

  • 貨物船横ばい、油送船9%減/12月の内航オペ輸送実績
  • フェリー・RORO活性化へ協議/国交省港湾局/海事局、連携で施策推進
  • バリシップを都内でPR/今治市の造船・船主らが関係機関訪問
  • バリシップのパーティーにSTU48
  • 関東運輸局、出前授業で中学生に船員の魅力発信
  • 鉄道・運輸機構、共有船金利を改定

コンテナ・物流

  • 純損失縮小、528億ウォン/興亜海運、18年業績
  • 神戸港CT運営から撤退/マースク、賃借権を三菱倉庫に譲渡
  • マースクがフィーダー航路開設/鹿島港、サービスは週5便に
  • 韓進海運新港物流センターを子会社化/内外トランスライン
  • マースク、米東岸でも新燃料確保/年間125万トン、PBFロジから
  • コンテナ監視システムの営業開始/セブンシーズ・シッピング
  • 年明け後もなお好調維持/米国の小売貨物輸入
  • 18年は34%減の1703万トン/中国の古紙輸入量、日本発は増加
  • 18年は純損失縮小/現代商船、営業損失は拡大
  • 日本市場でサービス開始/デジタルフォワーダーのトウィル
  • 自社船保有拡大し計18隻目標に/TSラインズ、6隻追加発注を検討
  • 清水梱包物流センター稼働/柏栄トランス、30トン級重量物に対応
  • 現代商船、東京輸入貨物にサーチャージ
  • 大東港運、子会社2社を合併

不定期専用船

  • 210型BC16隻を中国で新造へ/コスコ・シッピング・バルク
  • 18年通期、純損失1.9億ドルに拡大/スコルピオ・タンカーズ
  • 18年通期、営業損益が黒字転換/エピックガス、小型LPG船市況上昇で
  • 総合物流展開へネットワーク構築/MOLケミカルタンカー

造船

  • 大宇造船、LNG船1隻受注/アンジェリコシス向け、船価1.86億ドル
  • 「環境厳しく、造船所の淘汰進む」/クラークソン分析、稼働の造船所3割減
  • 大洋電機、岐阜に新工場/発電機など生産機能移転、21年稼働
  • 機器搭載の改造工事で協業/デキシー、常石商事、サンケイ設計
  • 比国銀行と債務調整で合意/韓進重工、韓国親会社の株式に転換
  • MAN新SCR、NOx3次規制に適応承認
  • 日舶工・次世代会、邦船3社と交流会
  • 大阪で造船・舶用経営技術セミナー

Information

  • サケの生態をテーマに海洋フォーラム
  • 川崎重工、JERA/郵船向けLNG船竣工
  • 24日に「クルーズフェスティバル大阪」
  • 上組、広畑支店から姫路出張所を独立

コラム・その他

  • 【青灯】働き方改革と人手不足
  • 【ログブック】岡良一・三井E&Sホールディングス新社長/川口浩・日本郵船ドライバルク輸送品質グループ長/藪内弘・大阪市港湾局長

過去の日刊海事プレス記事見出しをご覧いただけます

24 25 26 27 28 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
MARKET REPORT