日刊海事プレスOnline

The web site of "Kaiji Press" ,industry journal of maritime information.

メニューの開閉

トップ > トップニュース

文字を大きく 文字を小さく

トップニュース

2018.06.25

≪連載≫CO2半減への挑戦<上>/環境に優しい海運が直面していた「危機」

≪連載≫CO2半減への挑戦<上>/環境に優しい海運が直面していた「危機」

世論の矢面に立たされてきたIMO

国際海運から排出される二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス(GHG)の総量を2050年までに08年比で半減させる―。

 

2018.06.22

宮古/室蘭フェリー、きょう就航/川崎近海汽船、高規格道路開通で利用拡大見込む

宮古/室蘭フェリー、きょう就航/川崎近海汽船、高規格道路開通で利用拡大見込む

室蘭港に入港した“シルバークィーン”

川崎近海汽船の宮古/室蘭間の新規フェリー航路がきょう22日、就航する。川崎近海にとって約45年ぶりの新規フェリー航路となり、ドライバー不足などを背景としたモーダルシフト需要に応える。

2018.06.21

次期船隊整備検討、慎重に見極め/独シュルテ、船舶管理で燃費改善の専門部署

次期船隊整備検討、慎重に見極め/独シュルテ、船舶管理で燃費改善の専門部署

ドイツの大船主はどう動く

ドイツ船主で船舶管理大手のシュルテ・グループは船隊整備の再開に向けて検討を進める。

2018.06.20

サブシー支援船事業に本格参入/商船三井、三井物産とノルウェー社に各25%出資

サブシー支援船事業に本格参入/商船三井、三井物産とノルウェー社に各25%出資

海洋事業の展開深化

商船三井は19日、三井物産とともにサブシー支援船事業に本格参入すると発表した。両社はノルウェーの海洋石油ガス業界大手アーカー・グループの中核企業アカスター社が持つAKOFSオフショア(本社=オスロ)の株式を各25%取得する売買契約書を締結した。

2018.06.19

定航・物流・航空、事業個々をまず強く/日本郵船・一般貨物輸送事業

定航・物流・航空、事業個々をまず強く/日本郵船・一般貨物輸送事業

事業ごとに競争力高めシナジーを追求する

日本郵船の一般貨物輸送本部長に4月1日付で就任した原田浩起常務は、コンテナ船や物流、航空貨物など担当する各事業について「事業間のシナジーや協業を追う事も大切だが、その前提として個々の事業が強くなければならない」と語った。

2018.06.18

神戸製鋼、IPP拡大で長契2隻/郵船が大島、川汽が今造でNOx対応石炭船新造

神戸製鋼、IPP拡大で長契2隻/郵船が大島、川汽が今造でNOx対応石炭船新造

さらに1~2隻の輸送商談が始まる公算(写真=ブルームバーグ)

神戸製鋼所は国内最大規模のIPP(電力卸供給)事業を拡大し火力発電所を新設するのに伴い、燃料となる一般炭の長期輸送契約を日本郵船/旭海運と最長20年、川崎汽船と15年の期間でそれぞれ結んだ。

2018.06.15

中国共有LNG船17隻、大幅増視野/商船三井、パートナー中国市場攻める

中国共有LNG船17隻、大幅増視野/商船三井、パートナー中国市場攻める

中国建造で実績重ねる

商船三井は中国のLNG輸入量が急増する中、中国プロジェクトの積み増しに照準を定める。

2018.06.14

物流事業強化へ体制整備/川崎汽船・村上社長、ドライの高コスト船入れ替え継続

物流事業強化へ体制整備/川崎汽船・村上社長、ドライの高コスト船入れ替え継続

新規参入よりも既存分野の収益性向上に注力

川崎汽船の村上英三社長は本紙インタビューで、物流事業の強化に向けて、業務システムの刷新を行うほか、ケイラインロジスティックス(KLL)を中心にグループ全体の組織体制などを整備する方針を示した。

2018.06.13

国内船主、BBCの取引条件悪化/欧州銀の船舶融資増で、成約が減少へ

国内船主、BBCの取引条件悪化/欧州銀の船舶融資増で、成約が減少へ

国内船主/欧州船主ともBBCに需要(写真=ブルームバーグ)

国内船主(船舶オーナー)がここ数年投資してきた欧州船主向けBBCの取引条件が悪化してきた。

2018.06.12

欧州銀、貸出姿勢は「三極化」/船舶融資市場、回復傾向に

欧州銀、貸出姿勢は「三極化」/船舶融資市場、回復傾向に

欧州の金融センター、ロンドンのシティ(写真=ブルームバーグ)

欧州銀行の船舶融資への貸出姿勢は「縮小・撤退」「現状維持」「拡大・新規参入」に三極化している。

2018.06.08

国内造船、20年の線表確定進まず/日韓中が20年船台で三つ巴の展開

国内造船、20年の線表確定進まず/日韓中が20年船台で三つ巴の展開

日本の専業造船所の一部は既に21年納期で営業

新造船市場は2020年半ばから後半の納期の船台が商談の主戦場になっている。日本では、一部の専業造船所が20年船台を完売しているものの、多くの造船所・工場がまだ20年後半の船台を埋めきっていない。

2018.06.07

近海船からドライバルクに軸足/商船三井近海・永田社長、営業体制を刷新

近海船からドライバルクに軸足/商船三井近海・永田社長、営業体制を刷新

新ロゴは「MOK/SPEED」

昨年6月末に就任した商船三井近海の永田健一社長は本紙インタビューで就任1年目を振り返り、今後の経営方針について「近海船による鋼材輸送を中心としてきた商売の軸足を、スモールハンディによるドライバルク事業に移行させていくことが1つの方向性」と語った。

2018.06.06

アセットの入れ替えと管理を強化/日本郵船・内藤社長、経常益400億円は最低ライン

アセットの入れ替えと管理を強化/日本郵船・内藤社長、経常益400億円は最低ライン

「最悪期を脱したことを証明した1年」と振り返る

日本郵船の内藤忠顕社長は本紙インタビューで、アセットの入れ替えと管理をより強化する考えを示した。

2018.06.05

サービス品質回復に全力、6月中の安定化にめど/ジェレミー・ニクソンONE・CEO

サービス品質回復に全力、6月中の安定化にめど/ジェレミー・ニクソンONE・CEO

荷主との契約獲得では想定以上の成果

オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)は、6月末までに輸出入業務の平常化にめどを付ける方針だ。

2018.06.04

日本へのバルカー発注は秋以降/欧州船主、割高感と先物リスクで様子見

日本へのバルカー発注は秋以降/欧州船主、割高感と先物リスクで様子見

ポシドニア期間中の成約は低調か

欧州船主によるバルカーの新造発注は秋以降になるとの見方が増えている。夏季休暇前の商談シーズンを迎えたが、船価引き上げを図る日本の造船所に対して、欧州勢は様子見の姿勢だ。

2018.06.01

初の船舶情報プラットフォーム発足/46社でビッグデータ共有、22年に対象船550隻へ

初の船舶情報プラットフォーム発足/46社でビッグデータ共有、22年に対象船550隻へ

参加企業のトップが会見で期待を語った

船舶から収集した運航データを業界内で共有・活用する取り組みが本格的に始まる。データ共有の共通基盤となる「IoSオープンプラットフォーム(IoS-OP)」が立ち上がり、参加する日本の海運・造船・舶用企業など46社が5月31日にコンソーシアムの設立総会を開催した。

2018.05.31

赤字転落続出、滑り出し厳しく/海外タンカー船社の第1四半期

赤字転落続出、滑り出し厳しく/海外タンカー船社の第1四半期

全般的にタンカー市況の低迷続く(写真=ブルームバーグ)

海外タンカー船社の2018年の業績は厳しい滑り出しとなった。第1四半期の最終損益は赤字転落が相次いだ。

2018.05.29

特色と強みのあるロジスティクス事業を追求/商船三井・池田社長、海洋への投資拡大

特色と強みのあるロジスティクス事業を追求/商船三井・池田社長、海洋への投資拡大

変革に対応して組織を改編

商船三井の池田潤一郎社長は本紙インタビューで、今後製品輸送部門の柱に据えるロジスティクス事業のイメージについて「MOLの特色と強みを評価してくださる顧客に密着してテーラーメードのサービスを提供していくことが我々の生きる道ではないか」と述べ、マレーシア物流企業への出資や日本コンセプトとの資本業務提携などによって「商船三井の特色あるロジスティクス事業の姿はしっかりと浮かび上がってきていると考えている」と自信を示した。

2018.05.28

市況上昇で改善傾向続く/海外ドライ船社の1~3月期

市況上昇で改善傾向続く/海外ドライ船社の1~3月期

市況上昇でほぼ全社で業績改善が進展

ドライバルク主力の海外不定期船社の2018年1~3月期決算は、ドライ市況の回復を受けて全社が2ケタの増収となり、最終損益は1社を除きいずれも改善した。

2018.05.25

「商船は自社建造にこだわらず」/三井E&S造船の古賀社長、協業志向強める

「商船は自社建造にこだわらず」/三井E&S造船の古賀社長、協業志向強める

当面フル操業が続く玉野工場には設計も集約している

三井造船から分社独立した三井E&S造船が、造船専業化を機に、他社との協業の方向性を強めている。

記事を読み込む

過去の日刊海事プレス記事見出しをご覧いただけます

27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11
休刊
12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MARKET REPORT