日刊海事プレスOnline

The web site of "Kaiji Press" ,industry journal of maritime information.

メニューの開閉

トップ > トップニュース > 2014年12月

文字を大きく 文字を小さく

トップニュース

2014.12.26

日本郵船、新社長に内藤副社長/来年4月、工藤社長は代表取締役会長

日本郵船、新社長に内藤副社長/来年4月、工藤社長は代表取締役会長

「創意工夫と改善進める」と内藤次期社長

日本郵船は25日、来年4月1日付で工藤泰三社長が代表取締役会長に就任し、後任の社長に内藤忠顕副社長が昇格するトップ人事を発表した。宮原耕治会長は取締役相談役に就任する。
 

2014.12.25

LNG船隊89隻に、東ガス追加/商船三井、LNG・海洋で利益300億円目指す

LNG船隊89隻に、東ガス追加/商船三井、LNG・海洋で利益300億円目指す

LNG船事業の拡大順調

商船三井がLNG船事業を順調に拡大している。中期経営計画で関与LNG船を2019年度末に120隻体制とする計画だが、これまでにLNG船隊は新造船24隻を含む89隻まで積み上がった。LNG・海洋で利益300億円目指す。
 

2014.12.24

コンテナ船、来期黒字化へ巻き返し/商船三井・武藤社長インタビュー

コンテナ船、来期黒字化へ巻き返し/商船三井・武藤社長インタビュー

重点分野のLNG船・海洋は計画どおり

商船三井の武藤光一社長は本紙インタビューの中で、コンテナ船部門の不振などに見舞われた今期のこれまでの業績について「甚だ遺憾な結果」と述べ、巻き返しに向けた強い決意を示した。
 

2014.12.22

中計は順調、VLCC発注検討/日本郵船・工藤社長インタビュー

中計は順調、VLCC発注検討/日本郵船・工藤社長インタビュー

下期は「概ね想定どおり」

日本郵船の工藤泰三社長は本紙インタビューで、今年度から開始した新中期経営計画の進捗について、想定どおり進んでいるとの認識を示した。また、VLCCの発注を検討していることを明らかにした。
 

2014.12.19

23年ぶり神戸工場でVLGC建造/川崎重工、クミアイ向け1隻受注

23年ぶり神戸工場でVLGC建造/川崎重工、クミアイ向け1隻受注

ハンディバルク特化から転換する

川崎重工業が神戸工場で大型LPG船(VLGC)を建造する。このほど、くみあい船舶のシンガポール法人、クミアイナビゲーション(Kumiai Navigation <Pte> Ltd)から8万2000立方㍍型LPG船1隻を受注した。
 

2014.12.18

原油安、海運にも影響広がる/VLCC市況押し上げ、中長期的に負の面も

原油安、海運にも影響広がる/VLCC市況押し上げ、中長期的に負の面も

海運への影響は燃料価格だけではない(写真=ブルームバーグ)

原油価格の下落は海運事業の多方面に影響を及ぼしている。バンカー価格下落による船社の収支改善に加えて、VLCCではトレード拡大によるスポット運賃の上昇というプラスの影響。一方で、減速運航が緩和されれば海運マーケットにはマイナスに働く。
 

2014.12.17

船舶融資、残高積み上げへ/主要地銀、約1割増が目標

船舶融資、残高積み上げへ/主要地銀、約1割増が目標

地銀、資金需要を発掘(写真=ブルームバーグ)

国内船主(船舶オーナー)向けの船舶融資を手掛ける主要地方銀行の大半は、融資残高の積み上げを目指す考えだ。現行残高から1割程度の増加を目標とする地銀が多い。
 

2014.12.16

フリーCF、5年で2500億円目標/川崎汽船・朝倉社長インタビュー(上)

フリーCF、5年で2500億円目標/川崎汽船・朝倉社長インタビュー(上)

ROEは10年度並みの10%目指す

川崎汽船の朝倉次郎社長は本紙インタビューの中で、財務面の目標について、フリーキャッシュフロー(FCF)の黒字を15、16年度も継続し、12年以降の6年間で2500億円のFCF黒字を目指すと語った。
 

2014.12.15

初の2万TEU超、商船三井が発注検討/コンテナ船大型化どこまで、「これ以上は限界」との声も

初の2万TEU超、商船三井が発注検討/コンテナ船大型化どこまで、「これ以上は限界」との声も

1万8000TEU超のコンテナ船が増加している(写真=ブルームバーグ)

大型化を続けてきたコンテナ船の船型がついに2万TEUの大台を突破する見込みだ。商船三井が現在、公称積載能力で2万TEUを超える超大型コンテナ船6隻の発注に向け詰めの検討を行っており、早ければ来年早々にも決定する見通し。
 

2014.12.12

中部電力向けLNG船長契2隻目/川崎汽船、発注残5隻に、管理船さらに拡大

中部電力向けLNG船長契2隻目/川崎汽船、発注残5隻に、管理船さらに拡大

今後も管理船拡大を進める

川崎汽船は引き続きLNG船事業を拡大する方針だ。中部電力と新造LNG船1隻の長期定期用船契約を締結し、同契約に投入する16万4700立方㍍型を川崎重工業に発注した。
 

2014.12.11

邦銀、海外向け船舶融資視野に/国内の競争激化、市場伸び悩みで

邦銀、海外向け船舶融資視野に/国内の競争激化、市場伸び悩みで

海外融資が増加傾向(写真=ブルームバーグ)

船舶融資を手掛ける邦銀が海外船社向けファイナンスに目を向け始めている。国内船主(船舶オーナー)向けの競争激化、国内マーケットの伸び悩みが背景にあり、「国内の資金余剰から、今後は多くの邦銀が海外向け船舶融資を手掛ける時代が来る」(邦銀関係者)。
 

2014.12.10

ハンディサイズBCの発注停滞/市況低迷で船価と乖離

ハンディサイズBCの発注停滞/市況低迷で船価と乖離

用船市況は過去最低水準

ハンディサイズ・バルカーの発注が停滞している。同船型の用船マーケットは今年に入ってから著しく低迷し、採算ラインを大きく下回り、「現在のマーケットと船価では投資を正当化できない」(邦船関係者)状況。

2014.12.09

中古買船・用船で船隊整備再開/三光汽船、運航船22隻で再スタート

中古買船・用船で船隊整備再開/三光汽船、運航船22隻で再スタート

更生手続終結で正常企業に復帰

三光汽船は2日付で東京地方裁判所から更生手続終結決定を受け、通常の企業に復帰した。同社の田端仁一社長は8日の本紙のインタビューの中で、「あくまで通過点で、やっとスタートラインに立てたという認識」と語り、引き続き経営再建と経営基盤強化に向けた取り組みを進めて行く考えを示した。
 

2014.12.08

VLCC発注、契約確保前提に/邦船社、代替需要高まり本格検討

VLCC発注、契約確保前提に/邦船社、代替需要高まり本格検討

リプレース時期が迫りつつある(写真=ブルームバーグ)

邦船社はVLCC(大型原油タンカー)の新造発注に当たり、引き続き中長期契約の確保を前提とする考えだ。新たな規制の発効が来年予定されていることも、新造発注の検討を促している。
 

2014.12.05

主力4工場で新設計船建造が集中/JMU、来年が総合造船所への正念場

主力4工場で新設計船建造が集中/JMU、来年が総合造船所への正念場

有明・呉・津・磯子が同時に新設計船建造

ジャパンマリンユナイテッドは来年から、主力の有明・津・呉・磯子の4工場がそれぞれ同時に新設計の大型船建造に挑むという正念場を迎える。「統合効果」と各工場の実力が改めて試される。
 

2014.12.04

新パナマ運河、16年運用開始へ順調/キハーノ運河庁長官に聞く

新パナマ運河、16年運用開始へ順調/キハーノ運河庁長官に聞く

最後の閘門4基到着、計16基の設置開始

パナマ運河庁のホルヘ・ルイス・キハーノ長官は本紙の取材に応じ、パナマ運河の拡張工事について「全ての閘門がパナマに到着したことで、計画は着実に実施していける」と語り、新運河の2016年第1四半期の運用開始に向けた作業が順調。
 

2014.12.03

邦船ドライ部門、大西洋で苦戦/市況安、中長期契約獲得が難航

邦船ドライ部門、大西洋で苦戦/市況安、中長期契約獲得が難航

大西洋は成熟市場(写真=ブルームバーグ)

邦船社のドライバルク部門が大西洋市場で苦戦している。大西洋水域の市況が相対的に低く推移しており、過去数年で増やしてきた大西洋船隊を縮小。安定収益として狙ってきた中長期契約の獲得も難航。
 

2014.12.02

次の円高に備え、投資は慎重に/呉船主、「喜望峰の会」座談会

次の円高に備え、投資は慎重に/呉船主、「喜望峰の会」座談会

喜望峰の会の主要メンバー

広島県呉市の船主親睦団体「喜望峰の会」が主催する第27回「勉強会」が先日開催されたのに伴い、本紙は同会主要船主による座談会を実施した。急激な円安進行で各社の経営状況は好転している。
 

2014.12.01

次期規制からメニュー一本化/名村・佐世保は中型バルク、JMUはVLCCか

次期規制からメニュー一本化/名村・佐世保は中型バルク、JMUはVLCCか

新規制が旧会社間の設計融合促す

統合によって発足したジャパンマリンユナイテッド(JMU)と、名村造船所/佐世保重工グループでは、いずれも統合前の旧会社の間で異なっていたデザインの船が、来年から融合に向かう見通しだ。
 

過去の日刊海事プレス記事見出しをご覧いただけます

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
MARKET REPORT