日刊海事プレスOnline

The web site of "Kaiji Press" ,industry journal of maritime information.

メニューの開閉

トップ > トップニュース > 2017年07月

文字を大きく 文字を小さく

トップニュース

2017.07.31

非外航海運事業で安定収益拡充/商船三井、フェリー・内航RORO輸送拡大

非外航海運事業で安定収益拡充/商船三井、フェリー・内航RORO輸送拡大

モーダルシフト需要を取り込む

商船三井は、フェリー・内航RORO船、不動産などの非外航海運事業からの安定収益を拡充する。

2017.07.28

「規模と効率性で真の勝者に」/オーシャン・ネットワーク・エクスプレス ジェレミー・ニクソンCEO

「規模と効率性で真の勝者に」/オーシャン・ネットワーク・エクスプレス ジェレミー・ニクソンCEO

ONEの企業文化共有に注力

「Big enough to survive, small enough to care」。今月7日に誕生した邦船3社のコンテナ船統合会社「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)」の初代CEOに就任したジェレミー・ニクソン氏は、新会社をこう表現する。

2017.07.27

川崎汽船、重量物船社SAL売却/ドイツ船主に、構造改革が一段落

川崎汽船、重量物船社SAL売却/ドイツ船主に、構造改革が一段落

マーケット低迷受け決断

川崎汽船は26日、重量物船を運航する100%子会社SALヘビーリフト(本社=ドイツ・ハンブルク)の全ての持分をドイツ船主ハーレン・アンド・パートナー・グループのSALTO Holding GmbH & Co.KGに売却することを決めたと発表した。

2017.07.26

17年度黒字化へ、構造改革と市況上昇で/川崎汽船・ドライ部門、安定収益拡充目指す

17年度黒字化へ、構造改革と市況上昇で/川崎汽船・ドライ部門、安定収益拡充目指す

3期ぶりの黒字化を見込む

川崎汽船のドライバルク部門は2017年度に14年度以来3期ぶりの黒字化を見込んでいる。ドライ市況は損益分岐点にとどかないまでも前期比で改善を見込み、15・16年度に実施した構造改革によるコスト減少も寄与する。

2017.07.25

油送船でメリハリ、ケミカル船強化/商船三井、海外向けVLCCは新造も視野

油送船でメリハリ、ケミカル船強化/商船三井、海外向けVLCCは新造も視野

タンカー各分野の展開は

商船三井は新経営計画で、油送船事業の中でメリハリをつけた展開を進める。成長分野として強化するのがケミカル船とメタノール専用船、また、現在のマーケット・ポジションを維持するのがVLCCと大型LPG船(VLGC)だ。

2017.07.24

マーケットイン型の事業に転換/商船三井・ドライバルク部門、短期契約にも対応

マーケットイン型の事業に転換/商船三井・ドライバルク部門、短期契約にも対応

10年後に目指す姿は「バランスの取れた総合ドライバルク事業」(写真=ブルームバーグ)

商船三井のドライバルク部門は中長期的に目指す姿として「バランスの取れた総合ドライバルク事業」を掲げる。船隊整備を先行させる「プロダクトアウト型」の事業運営を転換し、「マーケットイン型」の事業モデルを目指す。

2017.07.21

≪連載≫ノルウェー海事クラスター<上>/伝統海運、オフショアとも停滞感

≪連載≫ノルウェー海事クラスター<上>/伝統海運、オフショアとも停滞感

市況低迷に直撃されるノルウェー(写真=ブルームバーグ)

海事王国ノルウェーが停滞感を強めている。伝統的な海運産業と急成長を遂げたオフショア関連産業の両輪で発展してきたが、市況低迷に直撃されて両セクターとも不況色が濃い。

2017.07.20

日本マーケットでより強く/ONEジャパン社長就任予定 川崎汽船・木戸執行役員

日本マーケットでより強く/ONEジャパン社長就任予定 川崎汽船・木戸執行役員

「来年度に向け組織作りなど進める」と木戸氏

邦船3社のコンテナ船統合会社の日本集荷組織「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス・ジャパン(以下ONEジャパン)」は、今年10月の発足を予定している。

2017.07.19

LNG船、中長期契約で57隻規模へ/川崎汽船、パートナーと協業で液化ガス新事業展開

LNG船、中長期契約で57隻規模へ/川崎汽船、パートナーと協業で液化ガス新事業展開

顧客重視、新技術で高品質サービス追求

川崎汽船は今期からの3カ年中期経営計画で、LNG船事業では長期契約のほか、リスク管理しながら中期契約にも対応し、安定収益につながる契約を積み上げる。

2017.07.18

≪連載≫Kラインオフショア<上>/期間用船契約で収支安定、北海に集中

≪連載≫Kラインオフショア<上>/期間用船契約で収支安定、北海に集中

KラインオフショアのPSV

川崎汽船が北海でオフショア支援船事業に乗り出してから約10年が経過した。子会社のKラインオフショア社(本社=ノルウェー)は大手石油会社との取引実績でブランド力を高めてきたが、現在は史上最悪のオフショア船市況に直撃されている。

2017.07.14

≪特集≫SOx規制、対策を探る/課題はコストと燃料供給性、対策候補の代表者に聞く

≪特集≫SOx規制、対策を探る/課題はコストと燃料供給性、対策候補の代表者に聞く

SOx規制の解決策の本命は何か

2020年のIMO(国際海事機関)の硫黄酸化物(SOx)全海域規制に向けて、業界内では対応策をめぐる議論が本格化している。

2017.07.13

欧州・大西洋、今年も商談停滞/新造LNG船、中期契約が主流

欧州・大西洋、今年も商談停滞/新造LNG船、中期契約が主流

長期の安定収益は期待薄(写真=ブルームバーグ)

今年も欧州・大西洋の新造LNG船商談は停滞しそうだ。現在実施されているのは、昨年から続いているスペイン案件とトタールの新規商談くらい。

2017.07.12

フィーダーコンテナ船に再び脚光/新造船市場、国内造船に引き合い増加

フィーダーコンテナ船に再び脚光/新造船市場、国内造船に引き合い増加

3000TEU級で新造商談

フィーダーコンテナ船の新造需要が再び高まっている。アジア域内航路をはじめとしたフィーダー輸送需要がメガコンテナ船の竣工に伴って増加していることなどが背景で、国内造船所への3000TEU級のコンテナ船の引き合いが増加している。

2017.07.11

CEOに郵船出身のニクソン氏/オーシャン・ネットワーク・エクスプレス、日本集荷会社は10月発足

CEOに郵船出身のニクソン氏/オーシャン・ネットワーク・エクスプレス、日本集荷会社は10月発足

新会社のロゴの前で(左から)村上氏、池田氏、ニクソン氏、内藤氏

川崎汽船、商船三井、日本郵船の邦船大手3社は10日に会見を開催し、7日付で設立したコンテナ船統合会社「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス」の経営体制など概要を公表した。

2017.07.10

LNG燃料供給事業を世界展開へ/日本郵船、地場のパートナー開拓も

LNG燃料供給事業を世界展開へ/日本郵船、地場のパートナー開拓も

草創期のLNG燃料ビジネス、次の展開は

日本郵船はこのほど仏エネルギー大手エンジー、三菱商事と立ち上げた「Gas4Sea」ブランドでLNG燃料供給・販売事業をスタートさせた。

2017.07.07

バラスト装置の既存船搭載を2年延長/IMO、最長で24年まで猶予

バラスト装置の既存船搭載を2年延長/IMO、最長で24年まで猶予

ノルウェーの修正案が支持集める

IMO(国際海事機関)のバラスト水管理条約で、既存船へのバラスト水処理装置の設置期限をさらに2年延長し、条約発効後最大7年の搭載猶予期間を設けることが、今週ロンドンで開催されている第71回海洋環境保護委員会(MEPC71)で合意されたもようだ。

2017.07.06

韓国造船、内憂外患のV字回復/政府支援への反発、国内で「不公平感」も

韓国造船、内憂外患のV字回復/政府支援への反発、国内で「不公平感」も

現代重工はドック休止で規模縮小を進める(写真=ブルームバーグ)

事業リストラの進展で、ひとまず最悪期を脱したかに見える韓国の造船業界だが、一連の再建策をめぐっては国内外に禍根も残した。

2017.07.05

川崎汽船、FPSO事業に参入/住商・日揮らと、次代中核育成と安定収益拡大

川崎汽船、FPSO事業に参入/住商・日揮らと、次代中核育成と安定収益拡大

エネルギーバリューチェーン事業を拡大

川崎汽船は住友商事、日揮、日本政策投資銀行とともに西アフリカ・ガーナ沖の油ガス田向けのFPSO(浮体式石油・ガス生産貯蔵積出設備)保有・用船事業に参画する。

2017.07.04

環境事業、プラント輸送強化/商船三井の欧州事業、部門横断で展開

環境事業、プラント輸送強化/商船三井の欧州事業、部門横断で展開

MOL(Europe Africa)のロンドンオフィス

商船三井の不定期専用船部門の欧州地域統括会社MOL(Europe Africa)が部門横断型の事業展開を強化する。総合海運グループとしての強みを生かす“One MOL”の一環。

2017.07.03

油槽船はVLCC・VLGC注力/川崎汽船、オフショア支援船は黒字化へ対策

油槽船はVLCC・VLGC注力/川崎汽船、オフショア支援船は黒字化へ対策

エクスポージャーを相対的に減らす

川崎汽船の今期から3カ年の新中期経営計画で、エネルギー輸送事業は目標達成に向けて大きな役割を担う。

過去の日刊海事プレス記事見出しをご覧いただけます

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
MARKET REPORT