日刊海事プレスOnline

The web site of "Kaiji Press" ,industry journal of maritime information.

メニューの開閉

トップ > 2019年05月24日付の主なヘッドライン

文字を大きく 文字を小さく

2019年05月24日付の主なヘッドライン

※日刊海事プレスの閲覧は、タイトルのみの閲覧となります。

トップニュース

東南アジア船主、新造が低調/市況に不透明感、中古船に価格妙味

東南アジア船主、新造が低調/市況に不透明感、中古船に価格妙味

東南アジア船主の中心地シンガポール(写真=ブルームバーグ)

「船種を問わず、新造船の引き合いはない」(商社関係者)。経済成長に伴い海運市場のリード役として期待される東南アジアだが、地場船主による新造発注の動きは鈍いままだ。

海運

  • 「バリシップ2019」開幕、350社参加/環境など最新技術を紹介、最終日は一般公開
  • 明珍川汽社長が基調講演、持続的成長へ/バリシップ2019国際会議初日、造船首脳座談会も
  • 米ベソン社、都内でレセプション開催
  • 《連載:『四海茫々』》(343)実用・実見

コンテナ・物流

  • ≪連載≫ONE、その知られざる素顔②/世界記録に挑め、海も会社も超え連携
  • 大阪港、関空周辺の海上警備発表/第五管区海保本部、G20対策
  • 直接寄港再開で新たな成長目指す/ZIMジャパン、新社長就任
  • ZIM・19年第1四半期業績/前年同期比改善も2430万ドルの赤字
  • ゲートオープン時間延長事業を実施/大阪港、G20対策
  • 4月は6%増の136万TEU/アジア発米国向け荷動き、中国微増にとどまる
  • 3月は24%増の141万TEU/アジア発欧州向け荷動き、3月単月過去最高
  • 集貨・創貨・競争力強化を加速/京浜海貨同業会、総会を開催
  • 2月は10%減の52万TEU/米国発アジア向け荷動き、中国が約4割減
  • シー&レール輸送開始/AIT、上海発東京向けで
  • 大阪港の今年度整備事業を説明/大阪市・上溝課長、G20対応も言及
  • ドレージ・チャージ、一層拡大/船社、CFSチャージ値上げ
  • 新メニューにバージ輸送/阪神港、大阪で集貨事業説明会
  • 神戸港、コンテナ船“Prosrich”初入港
  • 関釜フェリー、50%割引キャンペーン

不定期専用船

  • 534万ドルの最終赤字転落/スターバルクの1~3月期
  • 純利益4003万ドル、黒字転換/フロントラインの1~3月期
  • 純損失747万ドル、赤字転落/GOGLの1~3月期
  • 1年超用船が2件表面化/ケープサイズ、1万5000ドルで
  • カーバル、最後の保有船を売船

造船

  • 大型船用AR操船支援システム開発/古野電気、20年から海運各社に提供開始
  • LNG船を年初来高値で成約/現代重工、船価1.94億ドル
  • 「団結して助け合いの精神を」と中谷新会長/近畿舶用工業会、通常総会を開催
  • 今治事務所の開所式開催/青島SunRui、バラスト装置1198隻受注
  • 中国の製造工場を独資に転換/古野電気
  • 古野電気、「バリシップ2019」に出展

Information

  • 日本船舶輸出組合、新役員体制
  • 第一中央汽船、役員・人事異動

コラム・その他

  • 【青灯】シップオブザイヤー考
  • 【ログブック】遠山元樹・日本船舶表示社長/光田時雄・ベソン・ノーティカルカントリーマネージャー/武藤光一・日本船主協会会長

過去の日刊海事プレス記事見出しをご覧いただけます

26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11
休刊
12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
MARKET REPORT